ネットショップを簡単に始めるには

サーバーを借りるかサービスを借りるか

ネットショップを始めたいと思った際にまず決めなければいけないのはショップを運営するサーバーをどうするかということです。サーバーを丸ごと借りて自分でソフトウェアを含めたカスタマイズを行う方法と、既に構築済みのショップシステムが入っているサービスを丸ごと借りるという2種類の方法があります。クラウドサービスの場合で言えば、前者はlaas/Paas型、後者はSass型と言えます。近年はAmazonのaws、MicrosoftのAzureなど手軽に使えるクラウドサービスが比較的安価に使えるようになってきているので、サーバーを建てる場合も昔とは比較にならないほど簡単に短時間でサーバーを動かすことができます。また、インフラなども自前で維持する必要がなく、クラウドサービスを提供する業社のもつ堅牢なシステムをそのまま使用でき、信頼できるサーバ構築に頭を悩ますことも少なくなってきています。

どんな名前でネットショップを始めるかが重要

サーバーが決まったらショップの名称などを決め、掃除にドメインを取得する流れになります。既に容易されているドメインから選ぶだけの場合もありますが、ショップの独自性を出したいときはオリジナルドメインを取得した方が良いです。その際には、ショップ自体のホームページ制作と一緒に外部業社にドメインも取得してもらうという事も可能ですが、「ドメインの取得法」については登録業者のページでまずは欲しいドメインが空いているかどうかチェックしてみてください。ドメインにもよりますが、年間の維持費も数千円ほどと、それほど高くはないので、ネットショップをやるのであれば是非独自ドメインを取得してください。しかし、せっかくオンラインショップを開始しても、オープン後のケアが弱ければ売上は伸びないので、むしろオープン後こそ日々のケアが必要になりますので、オープンしただけで終わらないように覚悟を決めて臨む必要があります。

HP作成に必要となるのは、HTMLやCSSといった特定の言語を駆使する能力です。専門の業者に依頼することで、それらの知識を持たなくともHPを持つことができるようになっています。